杉の皮むき

今日は里山暮らし仲間の南房総の現場へ。
お互いに山の整備をしているので、貴重な情報交換ができました。

この時期の杉を生木のまま皮をキレイに剥がしておけば、
立ち枯れして乾いて軽くなり、倒木した後、
長いまま山から降ろせるとのこと!

なるほどー!

山から下ろすのも楽になるし、長尺の製材も可能になります。
うちの裏山でも試してみよう(^_^)ノ

皮を剥がしたばかりの杉はつるんつるんでピカピカ。
上手く剥がれると気持ちいいです♪
こんなにも簡単に剥がせるのかとびっくり。
何事にも適した時期というものがあるのですね。

里山の放置された杉も、
製材として上手く使えば森もキレイになって一石二鳥!