焚き火ナイト&キャンプ 2018秋

~ゆっくり流れる時間を楽しむオトナの一夜~

小枝拾いや薪割りでカラダを温めたら
焚き火のスタート。小さな小さな炎が
徐々に大きくなっていく姿を見守りながら、
日が暮れるに従って移り変わる空をながめ、
ゆったりとした時間の流れを楽しみましょう。
陽が落ちて、あたりがうっすら暗くなってきたら
キャンドルやランタンに明かりを灯し、
一夜限りの里山の小さな屋外レストラン、開店です。
フレンチレストランmerleの山中シェフが腕を振るった
焚き火ならではのごちそうを囲んで至福のひととき。
普段とひと味違う、山中シェフのワイルドな
デモンストレーション↓も毎回人気。
焚き火で豪快に調理したはずなのに、
とてもアウトドア料理とは思えない
merleさんらしい繊細なお料理を
お楽しみいただけます!

もちろん焚き火らしい豪快なお料理も!
おととしは子イノシシの丸焼き、
去年はスペアリブを豪快に焼き上げました。
今年は…当日のお楽しみ♪
澄み切った冬の空気の中、
ゆらめく炎をみつめる時間。
そしてふと見上げれば満天の星空。
焚き火の不思議なここちよさ。
仲間とのたわいもない会話。
しばし忙しい日常を忘れませんか?

スペシャル焚き火ディナー

merle 山中夫妻

本格フレンチと洋食を味わえるお店「melre(メルル)」さんとコラボし、焚き火ならではの品々をご用意いたします!どんなお料理がでてくるのかは、当日のお楽しみ♪

山中 学氏(Manabu Yamanaka)
千葉・大網白里のフレンチレストラン「merle」オーナーシェフ。ソムリエ。
東京練馬区、中目黒のレストランを経て山梨の歴史あるルミエールワイナリーのレストラン「ゼルコバ」にて研鑽を積み、地元である千葉に戻り、merle(メルル)をオープン。
お皿の上の美しさ、五感で感じる歓び、人の温もり。そんな思いを込めて日々厨房に立つ。

イベントについて

開催日時
2018年12月8日(土) 18:00~21:00

場所
里山カフェ&ゲストハウス sou(行き方はこちら
電車でいらっしゃる方は外房線・上総一ノ宮駅まで送迎いたします。(お乗りいただく電車を指定させていただきます。)

内容
17:00 開場
18:00頃~ 焚き火ナイトスタート
21:00 解散
ご宿泊の方は、21:00以降も焚き火をお楽しみいただけます。

参加費
おひとり 5,000円
(ワンドリンク、焚き火料理付き)
※2杯目以降はキャッシュオンまたは+2,000円で3時間フリードリンクにできます。
※寝袋持込でテントに宿泊される場合は+3,500円、ゲストハウス泊またはログハウス泊の場合は+5,000円でお泊まりできます。(朝食付)
※基本的に男女別の相部屋となります。希望者多数の場合、先着順となりますのでご了承くださいませ。

持ち物
・汚れても良い服装(焚き火が爆ぜて洋服に穴が開くことがあります)
・ウインドブレーカーなどの風を通さない上着(防寒着の上に着ると効果があります)
・マイカップ(保温マグがオススメです)、マイ皿、マイ箸(ご持参の方は100円引きいたします)
・ヘッドランプ等キャンプ小道具をお持ちの方はご持参ください。
※帽子、手袋、膝掛けなどの防寒具もあると万全です。

【ご宿泊の方】
・お着替え(焚き火の臭いが寝具につかないように必ずお持ちください)
※スポーツタオル、歯ブラシ、シャンプー、リンス、石けん、ドライヤーの用意はございます。

託児
本イベントは、オトナの時間を楽しむイベントとさせていただいています。お子さま同伴でのご参加はできませんのでご了承くださいませ。

開催条件
最低催行人数12名に満たない、また、前日の天気予報で当日が雨と予想される場合は、中止になる場合がございます。
その際は個別にご連絡させていただきます。

キャンセルポリシー
お客様の都合によるキャンセルでキャンセル待ちがなかった場合(定員割れした場合)、以下のキャンセル料金をいただきます。
7日前…30%
前々日…50%
前日、当日…100%

ご予約方法

完全予約制(先着順)となっています。
以下のフォームからお申し込みください。

連絡事項
1.お名前と性別
2.ドリンク...キャッシュオン or フリードリンク
3.ご宿泊...なし or テント泊 or ゲストハウス泊
4.交通手段...お車 or 電車

連絡事項の入力例:
小林孝浩:男性、フリードリンク、テント泊、車
小林かおり:女性、キャッシュオン、テント泊、車

「焚き火ナイト&キャンプ 2018秋」のお申し込み

お名前(代表者)

連絡用メールアドレス

緊急用電話番号
- -

申し込み時のご連絡内容(人数など、上記連絡事項をご連絡ください。)